また今日もボウズだった・・・ チヌがなかなか釣れない・・・と悩んでいませんか?実は釣果が伸び悩んでいる釣り師でもプロの考え方・釣り方を知るだけで50cm超えの良型のチヌを釣り上げ、クーラーボックスを一杯にさせる方法があります。

チヌを知る!(特徴) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

■概要

クロダイ(黒鯛、学名Acanthopagrus schlegelii)は、スズキ目・タイ科に分類される魚の一種。東アジア沿岸域に分布する大型魚で、食用や釣りの対象として人気がある。

日本ではチヌ(茅渟)という別名もよく用いられる。学名の属名"Acanthopagrus"は「棘のある鯛」の意で、種小名"schlegelii"は日本の脊椎動物を多数記載したヘルマン・シュレーゲルに対する献名である。

■特徴

全長は最大70cmを超えるが、よく漁獲されるのは30cm前後までである。

背側と鰭膜は和名通り黒-灰色で、腹側は白色をしている。体側は銀色に光る灰色だが、不明瞭な縦縞があるものも多い。鰓蓋上端・目の後方やや上に、目と同程度の黒斑が一つある。

体型は左右から押しつぶされたように平たい楕円形で、典型的な鯛の体型だが、マダイに比べると口が前に突き出す。

顎の前方には3対の犬歯、側面には3列以上の臼歯があり、ヘダイ亜科の特徴を示す。

背鰭は11棘条・11軟条、尻鰭は3棘条・8軟条からなり、クロダイ属のラテン語名"Acanthopagrus"は発達した棘条に由来する。

特に尻鰭の第2棘条が強大に発達する。

側線鱗数(そくせんりんすう)は48-56枚、背鰭と側線の間の鱗は6-7列で、この点で近縁種と区別できる。


チヌを釣るには正しい方法を学ぶ事が最短距離です!

メニュー

チヌを知る!(wiki)

■学名
 Acanthopagrus schlegelii
 (Bleeker, 1854)
■和名
 クロダイ
■英名
 Japanese black porgy
 sea bream

当サイトについて

グレ釣りDVD

山元八郎のグレ釣り仕掛け&テクニックDVDもあります!

Yahoo!ブッ目の下のくまークに登録